誕生日にプロポーズされなかった…そんな時に見直すべきポイント

スポンサーリンク
彼氏と結婚する方法
この記事は約9分で読めます。

こんにちは!タロットノノ子です。

ドキドキしながら待っていた誕生日。今年こそはプロポーズされるかもと、ドキドキしながら待っていたのに、渡されたのは誕生日プレゼントだけ。

もちろん嬉しいし感謝してるんだけど …ついつい暗くなってしまう。

いつプロポーズしてくれるんだろう?
これ以上待っていてもいいのかな?

でもちょっと待って!悲観的になる前に見直すべきポイントをみていきましょう!
まだまだ諦めるには早いですよ!

 

スポンサーリンク

誕生日にプロポーズされなかった…いったいなぜ!?

次の誕生日こそは…!そう思っていても、肩透かしをくらってしまうとガッカリしてしまいますね。
まずは、何故誕生日にプロポーズがなかったのか、その理由から考えてみましょう!

プロポーズの日付にあまりこだわっていない

正直、かなりあり得そうです。私が知っているカップルで、誕生日にプロポーズをしたorされたって人はせいぜいいても2割くらいかな?

特に男性は日付に無頓着です。他にしたい日があったり、自分のタイミングで決めたい場合は誕生日にこだわらないでしょう。 誕生日にドキドキしながら緊張して待っているのは、女性側だけなのかも?

そもそも、誕生日は年に一回しか訪れないもの。そのたった1日に、事前に彼が決意して準備して勇気を出して…と考えると、相当うまいことタイミングが合わないと難しい。

「誕生日にプロポーズ」は、案外ハードルが高いものなんです。

他の記念日などにプロポーズするつもりでいる

例えば2人が付き合った記念日、クリスマスやホワイトデーなど…そういった日に照準を合わせているのかもしれません。
プロポーズというものは(もちろんプランによりますが)ある程度準備が必要なものです。

彼に計画があるのであれば、焦らず待ってあげたいところですね。

ちなみにここでちょっと知人の話。
記念日に無頓着な彼氏と、すごく記念日やイベントにこだわる彼女のカップル。
彼氏は、彼女と付き合った記念日にプロポーズして晴れて婚約したんですよ。
でもその日にプロポーズした理由を聞いたら、「記念日一緒にしちゃえば、覚えなきゃいけない日がいっこ減って楽じゃん」とのたまったのでした…。

何その12月生まれへの誕生日プレゼントとクリスマスプレゼント一緒にしちゃえば楽じゃんみたいなやつ!(←例えが分かりづらいが筆者のことだ!)
聞いたときはずこーでしたが、なるほどそんな下心込み理由でプロポーズする日を決める人もいるのね…。

ちょっと感心しちゃったエピソードでした。

プロポーズしようと思ったけど勇気が出せなかった

二人の間ですでに結婚の話がある程度固められていれば話は別ですが、そうでなければ土壇場で勇気が出せなかったという可能性もあります。

プロポーズというのは、男性にとってとても勇気がいることなのです。
誕生日のデート中、あるいは会っている間、彼はどことなく上の空だったり、口数が少なかったりといった様子がなかったか?よくよく思い出してみてください。

そもそもプロポーズするつもりがない

正直これは悲しい現実ですが、そもそも彼に結婚の意思がないという可能性もあります。

まず彼に結婚願望があるのか、たとえあったとしてあなたと結婚する気があるのか…よくよく確認する必要があるでしょう。

ただしひとつ注意!彼と何一つ話をしていないのに、「彼にはどうせ私と結婚するつもりなんてないんだ」と決めつけることはしないでください。
悲観する前に、まずは彼と話をしてみましょう! 決断はそれからでも遅くはないはずです。

 

スポンサーリンク

誕生日にプロポーズされなかった時、まずは現状を確認しよう

誕生日にプロポーズされなかったとき、確認すべきことまとめ

  • 彼に結婚願望があるか
  • あなたと結婚するつもりがあるか
  • 誕生日ではなく、別の日にするつもりがあるんじゃないのか
  • 単にプロポーズできなかっただけか

彼に結婚願望があるのか?結婚願望はあっても、あなたと結婚する気があるのか?

まずはそこを確認しましょう。

もし結婚願望がないとか、あなたがまだ結婚対象ではないとしたら、プロポーズ待ちしてる場合じゃありません。

根本から考えや作戦を変える必要がありますよ!

 

問題は、彼が誕生日ではなく別の日にプロポーズのプランを立てているケース。

それと勇気が出せずに誕生日が過ぎてしまったケース。

この場合、下手に彼を問い詰めてしまうわけにはいきません。

せっかく結婚の意思を固めているのに、彼を疑っていると思われてはそこが揺らぎかねないからです。

 

特に、「したくてもできなかった」パターンの場合は要注意。

彼自身、その事実に凹んでしまっている可能性が高いからです。

「なんでプロポーズできなかったんだよ、俺のヘタレ…」などと自己嫌悪に陥ってる時に、彼女から「なんでプロポーズしてくれなかったの!?結婚する気ないの!?」なーんて問い詰められた日にゃあ、彼のプライドはズタボロってもんです。

下手をすれば、心を閉ざしてしまうかもしれません。

お互いに話し合って確認しよう

「誕生日は毎年来るし、別に何年でも待ってられるわー」という場合は話が別ですが、今の状態にストレスを感じ始めているならそろそろ結婚の話を切り出してみましょう。

え?ロマンチックにサプライズ的なプロポーズされたい?

言ってる場合か!!

ストレスでハゲる前に、お互いの意思は確認しときましょう。

ここまできて決めてこない男は、このままずるずる数年…という可能性だってあるんです。
なかなか決断しない男のペースにずっと合わせる必要はありません。

ここまできたらサプライズは諦めろ!!
厳しいこと言ってごめんね!!

 

「私、そろそろ結婚したい」
「プロポーズされるのが夢なんだ」
こんな感じのジャブから入りましょう!
こういう年頃の彼女からこう切り出されたら、よほど不誠実orにぶちんな彼氏でない限りはきちんと話をしてくれるはず。

もしかしたら、「実はこの間の誕生日の時に言うつもりだったんだけど…」とそのままプロポーズに突入、なんてこともありうるかも!?

黙って拗ねるのはやらない方がいい

不安と期待が入り交じった誕生日に、ドキドキして待っていた誕生日に、何も言われずとてもがっかりしたり失望したりする気持ちは分かります。

 

でも、彼に対してだんまりを決め込んで不満を表現するのは、良い対策とは言えません。

怒って黙っているくらいなら、正直に「楽しみにしてたのに」と言ったほうがずっといい。

 

黙って責められても、誕生日をあまりプロポーズと結びつけられていない男性は、なぜ怒っているのか全く見当がつかずに困惑するしかないからです。
困惑がイライラに代わって「何なの?言いたいことがあるならはっきり言えば!」などと言い捨てられては、ただでさえ期待を裏切られて悲しんでいるあなただって、冷静に対応するのは難しいでしょう。

 

これはプロポーズのことに限りませんが、不満を表現するのに沈黙という手段は使わない方が無難です。大体良い方向には行きません。

不満を伝えたい場合は、冷静にはっきりと事実だけを伝えること!

 

スポンサーリンク

みんなのプロポーズ事情!いつプロポーズしてる?

誕生日にプロポーズする人は16.8%!

プリモ・ジャパン株式会社さんがやってらっしゃる「2018年度プロポーズ意識調査」によると、プロポーズのタイミングは「二人の記念日」が最多で28.7%!

次いで「特にない、日常の流れで」が20.8%だそう。

 

その次に「パートナーの誕生日」(16.8%)がきています。やはり「誕生日にプロポーズ」は決して多数派ではないということがいえそうですね。

誕生日に何の話もなかったからといって、悲観的になる必要はないってことが、統計からもわかりましたね!

男性はプロポーズしない方が、結婚生活への満足度が高い!?

それよりみんな、聞いてくれ!私的にはちょっと衝撃のデータがあったんだ!
まずは以下のグラフを見て欲しい!

出典:プリモ・ジャパン株式会社 2018年度プロポーズ意識調査

 

おわかりいただけただろうか?てかまず、上のグラフ何よ?って話ですねハイ。

 

これ、既婚者を対象に「今の結婚生活に満足していますか?」という質問をしたもの。

 

どうもこの調査によると、男性はプロポーズをしない方がその後の結婚生活に対する満足度が高いみたい。
逆に女性はプロポーズをされた方が、結婚生活への満足度が高い。

何その正反対の結果!!いやぁ、人生ってうまくいかないもんだね!(笑)

もちろん個人差がありますが、
女性はプロポーズされたい
男性はプロポーズしたくない
という潜在的な願望を抱えた人が多い傾向にあるのかもしれませんね。

… 衝撃のデータとか言っちゃったけど、当たり前といえば当たり前な気がしてきた(笑)

 

というわけで男性諸君!
つべこべ言わずにプロポーズしろ!
逆に女性諸君!
プロポーズはなくてもいっかーぐらいが、その後の結婚はうまくいくかも!?

よしちょっとまとめます。

  • プロポーズする日は 人によってバラバラ。誕生日にされなくても気にしない!
  • 結婚に対して焦り始めたら、正直に打ち明けて話し合おう!
  • 相手が喜ぶことをしてあげよう!
  • 相手に対しては寛容な方がうまくいく!
スポンサーリンク

いっそ逆プロポーズもあり!?誕生日にプロポーズされなくてもあきらめないで

相手を変えるのは難しい

 

好きな人に対してはついつい期待したくなるものですよね。

信頼しているからこそ自分の気持ちをわかってほしいし、ぶつけたい。

そう思うのは当然のことで、何も悪いことではありません。

結婚したいくらい大好きな相手に、言いたいことも言えないなんて辛い。

だから思いっきりあなたの想いをぶつけましょう!

 

ただ、「相手を変えよう」とは思わないこと。
恋人といえど別の人間です。あなたが一生懸命願いを伝えても、その通りに動くわけがありません。

あなたが期待するような反応が返ってこなかったとしても、それが当たり前。
彼もあなたも悪くない。二人が違う考えを持っているというだけのことです。

思い切って自分からプロポーズもあり!

あなたの最終目標は何ですか?誰よりも素敵でロマンチックなプロポーズをされること?それとも彼と結婚して家庭を営んでいくこと?

もし後者であれば思い切って自分から動くのもありですよ!
「一体いつプロポーズしてくれるの?」とキリキリ悩むよりも、 手っ取り早いし精神安定上も良いでしょう。

いつまでたってもはっきりしない男性には、こっちから白黒つけてやりましょう!

まずは現状を確認して、目的に向かって二人で歩いて行こう

誕生日にプロポーズされなかった…そんな時は、諦めたり悲観的にならなくても大丈夫!まず現状を確認しましょう。

自分の気持ちを打ち明けて、相手の気持ちを確認することです。
それをせずに「いつまでたってもプロポーズされない」「彼は何を考えているの?」と悩んでも、ネガティブな考えしか浮かばなくなってしまいます。

そうなってくると、あなたは彼に対して不信感をあらわにしてしまうでしょう。

二人の仲もそれに影響を受けてしまいます。

大丈夫!経験上、不安に取りつかれた時の疑心なんて、大半が考えすぎですよ!(笑)

そうならないためにも、お互いの考えを共有して、その上で二人で話し合ってみてくださいね。

 

もし不安や不満から抜け出せなくても大丈夫!

わたしとタロットが、苦しみの出口を一緒にさがします。

メール鑑定のご依頼、お待ちしてますからね!

 

お読みいただき、ありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました