【重要なお知らせ】メール鑑定は3/20で終了します

プロポーズ待ちのときのイライラ対処法!焦らず急かさず結婚を引き寄せる方法

スポンサーリンク
支配欲の強い女性重い女?自分を見失わないために
この記事は約14分で読めます。

こんにちは、タロットノノ子です!

それなりの月日お付き合いしていると、だんだん結婚の2文字を意識するようになりますよね。

彼となら…そう思って待っているのに 、彼からは 結婚のけの字も出てこない。

 

そんな中、周りの友達が少しずつ結婚し始めたりする時期に入ると、じわじわ焦りが芽生え始めます。

こっちはとっくに準備万端でプロポーズ待ちの状態なのに。

それなのに、彼氏は何を考えているんだろう?焦りを放置すると怒りへと姿を変えます。

そうなってしまうと二人の関係が壊れてしまうことも。

 

そう、プロポーズ待ちの時に焦りに任せた行動をとってはいけません!

というわけで、今回は焦りへの正しい対処法をみていきましょう!

 

スポンサーリンク

プロポーズ待ち!でもこんな時は結婚を焦ってしまう

年齢が30代に突入する

年齢が上がるにつれて、結婚を意識する瞬間が増えるもの。

内閣府が出している結婚に関する意識調査によると、女性が積極的に結婚に対してアクションを取るようになるのは30歳~35歳が最も多いようです。

ついで25歳~30歳。やはりアラサーは一つの区切りと言えそう。

子供を意識する

上記の年齢と重なる部分が ありますが、「 子供が欲しい」と考え始めると、どうしても焦りが見えてきます。

一般的に、高齢出産とされる35歳を一つの目安と考えている人は多そう。

とはいえ今の時代、35歳を超えての出産というのはたくさんあるんですけどね。

周りが結婚し始める

 

平成30年版少子化社会対策白書によると、女性の初婚平均年齢は29.4歳。大体26歳を超えたあたりから周りの親戚や知人友人が結婚し始めることが多いのではないでしょうか。

周りは関係ない…そう思いつつ、人間は環境に影響を受けるもの。

特に「えっ、この人が?」というような意外な人物が結婚すると、その衝撃から余計に焦りが生まれやすいようです。

例えば恋愛や結婚に全く興味がなかった友達や、言い方は悪いですがあまりモテなさそうな人など。

結婚した友達や親戚の幸せそうな姿を見てしまう

先に結婚したいとこと久しぶりに会った時、可愛い赤ちゃんを抱っこしていた。

友達のSNSに旦那さんとの幸せそうな日々がアップされている。

そんな光景を目の当たりにした時、羨ましさと同時に焦りが生まれます。

 

私もいつかこんな風になりたいな。…いつなれるんだろう?

 

実際の結婚生活は山あり谷あり。親戚やお友達は、あなたが自由に独身生活を謳歌しているのを、羨ましく思っていたりするものです。

ですが隣の芝生は青い!これはもう仕方ないのです。

 

自分の両親に 結婚を急かされる

親としては年頃になった自分の娘の結婚について気になってしまうもの。

「彼氏いるんでしょ?結婚はまだなの?」なんて探りを入れてくることもあるでしょう。

早く親を安心させてあげたい反面、「こっちが知りたいわ!」とも言いたくなりますよね!

何とも言えず焦りだけが胸にくすぶります。

 

スポンサーリンク

焦りは結婚を遠ざける!?プロポーズを引き寄せるために手放すべきこと

プロポーズ待ちしている中、彼が一切そんな素振りを見せないと不安になりますよね。

そんな状況の中、上のような条件が揃うと段々焦り始めます。

その焦りはイライラとなって、元凶である彼氏へと向けられる事に。

そうなる前にやるべきことをご紹介!

まずは「 焦ってるなぁ」 と自分を客観視する

 

漠然と不安になったりイライラしたりしていると、思考がどんどんマイナスの方へと傾いていきます。

そうなるのを避けるために、まずは一歩引いた視点から自分を見つめ直してみましょう。

「私すごく焦ってる」そう心の中でつぶやくだけでも、少しだけ冷静になれます。

なぜ焦っているのか自問する

 

焦っている自分を受け入れられたら、次は「なぜ焦っているのか」を問いかけてみましょう。

そこに問題解決のヒントが隠されていることがあります。

 

例えば「子供が欲しいから焦っている」場合。

そんな時は、妊娠出産に関する正しい知識を身につけることが、不安解消に役立ちます。

先ほどもちらっと書きましたが、今の世の中、高齢出産で無事に生まれる子供はたくさんいます。

それでも心配なら専門家に相談したり、検査を受けたりするという選択肢もありますよ。

 

また、「周りの人が結婚し始めたことに焦っている」場合。

その場合は自分と周りを切り離して考えるようにしましょう。

「自分は結婚していない」「 彼女は結婚している」その二つの事実を比較して、自分がまるでダメみたいに考えるのはやめることです。

事実は事実としてただそこにあるだけで、どちらが劣っているとか優れているということはないのです。

 

友達が結婚したからって、あなたが結婚できなくなるわけでもありません。そう、関係ないんです。

関係ないことで悩むなんて馬鹿らしいでしょ?(笑)こんな風に、自分を見つめ直す時間を作ってみてください。

焦りが消え、自分が幸せになるためにはどうすればいいかを、冷静に考えることができます。

 

問題と距離をおいて、楽しいことだけをする!

苦しい思いをしてまで結婚について考えるよりも、一度全部忘れてしまいましょう!

楽しいこと、わくわくすることだけをするというのも、焦りを消すには効果的です。

 

寂しくならない程度に彼とも少し距離を置いて、好きなことに集中してみて!

美味しいものを食べたり、趣味にのめり込んだり…旅行に行ってみたりするのもいいかもしれません。

そして思いっきり楽しんだ後、もう一度思い返すと「そんなに焦ることじゃないな」と我に返ったりするものです。

まずはリフレッシュしましょう!

 

執着を手放して、望む未来を引き寄せること

ここまで読んで、「焦っちゃダメなのはわかってるけど、どうにもならないんだよ!」と思いましたか?

では、考え方を変えてみてください。あなたは何のために結婚したいのですか?幸せになるためですよね?

それなのに、今の状態は幸せですか?

もちろん、幸せになるために今は耐えて頑張る!そう考えるのは素敵です。

でもその「耐えるべき頑張り」の中に、「焦ってイライラする」は含まれているでしょうか?

 

そう、不思議ですね。幸せになりたい、より良くなりたいと願っているはずなのに、何故か真逆の方向に進んでいってしまっている。

それは結婚というものに対して「執着」してしまっているから。

 

「絶対に結婚してやるぜ!」と不屈の精神を持つこと、貪欲になることは素晴らしいんです。

でもそれが「執着」になると、足枷になってしまいます。

 

「え、どう違うの?」OKご説明しましょう!

 

何か目標に向かって頑張っているとき、行き詰まってしまったとしましょう。

不屈の精神でいる人は「どうすればいいかな?あの方法でもう一度やってみよう」と冷静に分析して、着実に進むことができます。

一方執着してしまっている人は、「なんでうまくいかないの!?自分はダメだ!あの人が邪魔するからだ!」と自分や他人を不必要に責めてしまいます。

 

そうなると、自己嫌悪になったり攻撃的になったりで進むどころじゃありません。伝わったかな?

結婚に執着するあまり、焦っているあなた。

「彼と結婚できなければ私は不幸だ」と思ってしまっていませんか?

考えたくもないかもしれませんが、ちょっと想像してみてください。彼と結婚できなかった時のこと。

 

辛い、悲しい、この先どうしたらいいかわからない…そんな風に思うかもしれません。

でも、命を落とすわけじゃないですよね?すべてを失うわけでもない。

家族や友達がいたり、仕事があったり、好きなことや趣味があったり…あなたも彼も、大切なものはたくさん持ってます。

この先、幸せになるチャンスはいくらでもあります。あなたにも、彼にも。

「私は結婚したい。でも、たとえ結婚しなくたって、私は大丈夫!幸せになる道はたくさんある!」そうして少しずつ執着を手放しましょう。

執着さえ手放せば、あなたの心は自分の望みのためにどうすればいいのか、もうわかっているはずです。

 

スポンサーリンク

イライラから抜け出し結婚した体験談!執着を手放せば自然と望む方向へ歩き出せる!

さて、ここからはわたしタロットノノ子が、実際に焦りとイライラにとらわれたお話です。

私も、当時長く付き合っていた彼氏と、なかなか結婚話が進みませんでした。

そして例にもれず(?)20代後半になると結婚への焦りが生まれてきました。

 

でも、彼に「私と結婚する気あるの!?」なんて問い詰めるのは…ちょっとできませんでした。

というのも私の場合はプロポーズ待ちという状態ではなく、既に私の方からかなり催促してたんですよ。ガンガンいこうぜ!

なので、あんまりやり過ぎるとうざがられるかな…という懸念がありました。でもでも不安だ。彼の気持ちを確かめたい。

追い詰められた私は、彼にこう聞いてしまいます。

 

ノノ子
ノノ子

本当にわたしのこと好きなの?

 

アッチャーーって声が聞こえてきそう(笑)

いや皆一度二度は言ったことあるでしょ!…私だけ?

 

とにかく結果だけ言うと、かなり険悪な雰囲気になりました。

甘える感じでの「わたしのこと好き?」だったらただのイチャイチャにもなり得ますけどね。

かなり不信感ありありな感じで聞いてしまったので当然っちゃ当然。

 

彼は

なんでそんな、聞くまでもないわかりきったこと聞くの?僕のこと信じてないのか?

そう言っていました。

 

彼としては自分なりに彼女のことを大事にしてきたつもりだし、そもそも好きじゃなかったらこんなに長く付き合うわけないじゃん?それなのになんで疑うの?と悲しい気持ちになったことでしょう。

しかし当時は

ノノ子
ノノ子

いやわかりきってないから聞いたんですけど!?信じてほしいなら、それなりの行動してくれや!

くらいに思ってました。

カップルの喧嘩なんて、お互い言い分があるもんです。

そんな試すようなこと言われると、逆に嫌いになりそう

ノノ子
ノノ子

ガーン!!

 

で、その日は喧嘩別れ。
ちょっと気まずいこともあり、しばらく連絡は取らずにいました。
その間もイライラしながら考え込む私。

「信じてないのかって何!?何も言ってくれないのに、何を信じろっていうの!このまま彼と付き合っててもいいのかな?このままずるずる続いたって時間の無駄なんじゃない?早く結婚しないと…私もう、27歳になっちゃうのに!」

そこでふと冷静になります。

「ん?27歳になっちゃうって何?」

そう、この頃何故か私は「26歳で結婚する」ことにやっきになっていたのです。
「なんで26歳??」
考えてみましたが、理由はさっぱりわかりませんでした!(笑)今でもわかりません!

「私は(特に理由や根拠はないけど)26歳で結婚するはず」という思い込みに囚われていたために、妙に焦っていたわけです。

よくよく考えてみれば、結婚に年齢制限なんかないのに、たかだか26でパニクり出すなんておかしな話です。

「…なんであんなに切羽詰まってたんだろう…。別に焦らなくていいじゃん」

特に意味のない年齢にこだわっていた…そう気付くことで、幾分か冷静になるタロットノノ子。

 

しかし!問題は何一つ解決していません。
相変わらず彼がどうかんがえるのかわからないし、喧嘩したまま。
そんな時、本屋さんをぶらぶらしてたら出会ったんです、この本に!

 

石井希尚さん著「この人と結婚していいの?」

 

状況にまんまピッタリのタイトル(笑)

男女の考え方の違いが、専門用語などをほとんど使わず読みやすくわかりやすく書いてあります。
…って書くと「よくあるやつじゃん?」って思うでしょ?
この本のいいところは、体験談がいくつも書いてあるところ!

作者さんは結婚前のカップルにカウンセリングをしている方らしく、様々なカップルのすれ違いから、男女の思考差を書き出しています。

私が印象に残ってるのは、「大喧嘩して、彼女は泣きながら出て行ってしまったのに、残された彼氏は平然とテレビを見始めた」ところ!
「何それ彼氏ひどくない!?」って思ったけど、この時彼氏は何を考えているのか、なぜこんな行動を取ってしまったのか…男性の視点からわかりやすく説明されています。
読めば「なんでそんなことするの!?彼の気持ちがわからない!」という疑問がストンと解決すること間違いなし!

女性支持の高い本らしいですが、男女どっちに向けても書いてあるので、個人的には男性にも読んでほしい!

ぜひ彼氏にもすすめてみてくださいー!

 

…話が脱線したのでもとに戻します。
何が言いたかったかというと、「良書に出会った」ってことじゃないんです。いやそれも言いたいけど。

「焦らなくなったことで冷静になり、彼の立場に立って考えることができるようになった」これが大事なところ!

焦ったままだったら、たとえ本で男性心理を学んだところで「ハァ!?だから何?こっちにだって都合があるんですけど!?」ってなって終わりだったことでしょう。良書ポイ。

そして、彼の気持ちをちゃんと想像した結果、確信したわけです。
「私、超愛されてるじゃん」と!

え?自信持ちすぎ?いえいえ、あなただってそれぐらい自信持ってくださいよ!
彼氏の言葉だけではなく、行動もよくよく思い返してみてください。
受け取り損ねた愛情のかけらが、ちらほら落ちていませんか?

さて、平静さと自信を取り戻し、男性心理まで習得したタロットノノ子。彼と対峙します。

ノノ子
ノノ子

この間は、嫌なこと言ってごめんね。

あなたの気持ちは、ちゃんとわかってるから

悠然と微笑みながら告げます。勝者の余裕ですね。

彼も、申し訳なさそうにはにかみながら答えます。

僕の方こそごめん。

ちゃんとノノ子ちゃんのこと好きだし、先のことも考えてるから信じてほしい。

ただ、もうちょっと仕事がひと段落してから、そういう話したいなって

なるほどー!そういう理由でなかなか結婚の話をしなかったわけですね!スッキリ!

なんか結局問い詰めて吐かせたみたいになった気がしないでもないですが、とりあえず一歩前進!
結果オーライってことで!

その後もなんやかんやあってなかなかゴールインできないわけですが、そこはまた別のお話ということで。

 

スポンサーリンク

焦る自分と今の状況、ありのままを受け入れてあげよう!

ちょっと長くなりましたね(;´Д`)

一度は問い詰めて失敗しましたが、焦りの原因を見つめて、「26歳で結婚する」という執着を捨て去った。

そのおかげで、彼の心にも目を向けられるようになり、良い方向に進みました。
もちろん色んなケースがありますし、そう簡単に心が整理できないこともあるでしょう。

でも大切なのは、「あなたがあなた自身を受け入れてあげる」ことです。

焦ったり執着したりなんて、誰にでもあることです。人間なんだから!
そういうの全部ひっくるめて、あなたが素敵な人なんだってことを、思い出してあげてくださいね!

 

そう言われても、やっぱり焦りが出てくる?

彼の気持ちが見えなくて不安?

 

見えなくて不安なのは、自分の気持ちかもしれませんよ?

タロットは自分自身を見つめるのに最適なツールです。

幸せになるヒントは、いつだってあなたの中にありますよ!

タロットメール鑑定、ご依頼お待ちしています。

 

お読みくださって、ありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました